<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平城宮跡舗装反対 ネット署名始めました!

4月5日、大阪の近畿地方整備局で、平城宮跡埋立て舗装反対署名の第2次提出を行ないました。昨年10月の第1次提出分との合計で、35,626筆に達しました。
c0277428_12455160.jpg

朝堂院跡の造成は終ってしまいましたが、当初3月までに完了予定だった舗装工事は大幅に延期され、今年11月以降に。舗装素材の再検討も行なわれる見込みとのこと(朝日新聞4月6日)。これは署名の効果がでているとみて間違いないでしょう。

平城宮跡を守る会では、第3次提出に向けて、署名集めを強化します。ネット署名も始めました。
世界遺産 平城宮跡〈埋立て・舗装工事〉の中止を! 今後の整備方針の再検討を!  Change.org
まだ紙の署名を書いてないよという方は、ぜひオンラインでの署名にご協力ください。
もう書いたよという方は、ネットでどんどん宣伝してください。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by hjks | 2013-04-10 13:00 | 署名

4月27日 世界遺産・平城宮跡 国営歴史公園「整備」を考えるシンポジウムへご来場を

日時:4月27日(土)13:30~
場所:奈良県文化会館 小ホール
   奈良市登大路町6-2 電話 0742-23-8921
   「近鉄奈良」駅1番出口より徒歩5分
料金:資料代500円
申込:不要
共催:平城宮跡を守る会、高速道路から世界遺産・平城宮跡を守る会、奈良世界遺産市民ネットワーク、関西文化財保存協議会、文化財保存全国協議会
問合せ:電話0742-48-1108(奈良世界遺産市民ネットワーク事務局・浜田)

基調講演:
「考古学の研究と史跡整備」小笠原好彦・滋賀大学名誉教授
「建築史の研究と史跡整備」上野邦一・奈良女子大学名誉教授

京奈和高速道地下トンネルの正式な断念もないまま。遷都1300年祭のために設置した仮設駐車場も、大極殿院修景柵も放置したまま。そこに今、第一次朝堂院跡の埋立て舗装工事の強行です。
「国営公園整備」の名の下に、遺産の価値を損なう「整備」が進んでいるのではないでしょうか?
そんな世界遺産・平城宮跡が抱える今日の課題に最もふさわしい二人の先生をお迎えすることができました。ともに1960年代から奈良国立文化財研究所の研究者として保存運動にも関わってこられたお二人の基調講演をうけて、シンポジウムを進めたいと思います。

世界遺産「古都奈良の文化財」保全・継承の正念場です。
多くのみなさんのご来場をお待ちします。

※このシンポジウムの模様は「IWJ 奈良Ch1」でネット中継されます。
[PR]
by hjks | 2013-04-09 01:52 | 過去のイベント

4月20日 平城宮跡 自然観察会にご参加を

開発と称した破壊工事の続く平城宮跡で、自然観察会を開催します。

テレビでもおなじみ谷幸三先生の案内と解説で、都市の中の貴重な自然である平城宮跡の動植物を観察。
湿地・草地に特徴的な自然のはたらきと、今後の平城宮跡の整備のあり方について考えます。

日時:4月20日(土)雨天決行 14:00~16:00
場所:平城宮跡 再建大極殿南西のトイレつき休憩所集合(近鉄「大和西大寺」駅より徒歩10分)
料金:無料
申込:不要 当日現地へお越しください
主催:平城宮跡を守る会 電話 070-5024-9428

子どもから大人まで、どなたでもご参加いただけます。多くのご参加をお待ちしています。
※足場が悪いことがあるので、汚れてもいい服と靴をご用意ください。

この自然観察会は、ラムサール・ネットワーク日本主催「湿地のグリーンウェイブ2013」参加企画です。
湿地のグリーンウェイブは、国際生物多様性の日(グリーンウェイブの日)の5月22日を中心に、湿地が生きもので賑わう4月~6月の3か月間を、湿地の生物多様性保全の普及・推進期間として、自然観察会、生きもの調査、田植え、シンポジウムなどの活動を、全国で連携して行い、湿地の生物多様性保全と賢明な利用を広く知らせようというCEPA(広報・教育・普及啓発)活動です。
ぜひお近くのイベントにご参加ください。
[PR]
by hjks | 2013-04-08 23:24 | 過去のイベント