5月16日 国交省平城分室で署名の第3次提出を行います

5月9日、平城宮跡・朝堂院跡の舗装工事を5月中旬から始めると国交省が発表しました。
都が去ってから千年以上、里山的耕作地であり続け、この半世紀は湿地・草地として保全されてきた場所です。
ここを舗装してしまうことは、埋蔵遺物を守ってきた地下水の涵養機能を損ない、都市の中の貴重な自然の豊かな生態系にダメージを与え、人々の心の原風景たる草原を、荒涼たる空間に変えてしまうということです。

平城宮跡を守る会では、平城宮跡の〈埋立て・舗装〉に反対する署名を集めていますが、5月16日に第3次提出を行い、工事の中止を申し入れて、国交省の説明を聞くことになりました。署名は、昨年4月の第2次提出に続くもので、その時点で35,626筆でした。

オンライン署名は、16日の16時まで受け付けています。一筆でも多く届けたいと思っています。みなさまのご協力をお願いします。

[PR]
by hjks | 2014-05-15 16:03 | 署名
12月15日 平城宮跡開発事業... >>