上野邦一講演「平城京・宮にはどんな建物が建っていたのか、今どう整備したらよいのか」の記録

3月17日、奈良世界遺産市民ネットワークの年次総会が奈良県文化会館で開催されました。
基調講演は「平城京・宮にはどんな建物が建っていたのか、今どう整備したらよいのか」として、奈良女子大名誉教授で元奈良文化財研究所遺構調査室長の上野邦一氏が、平城宮跡の整備について、たいへん興味深い話をなさいました。
c0277428_120433.jpg

当日はインターネット報道メディア「IWJ」による生中継が行われ、現在はアーカイブページで録画を見ることができます(IWJ会員以外は期間限定)。
また、IWJスタッフの方が講演の要点をツイートしてくださいました。ありがとうございます。

3月20日追記:「ニュース奈良の声」に記事が掲載されました。
奈良・平城宮跡 建物復元の是非 市民、批判的専門家の見解知る機会乏しく
[PR]
by hjks | 2013-03-19 01:22 | 過去のイベント
<< 3月29日 寮美千子講演「千年... 3月17日 講演会「平城京・宮... >>