平城宮跡パブコメ 論点と文案

2月末〆切、平城宮跡開発についてのパブリックコメントへの投稿文案です。2月23日の会合で出た論点をもとに作成しました。どうぞご自由にご使用ください。
整備プログラム案の記述に対応する形で、1トピック1投稿でお送りいいだけると効果が高いと思います。いくら重いが強くても、言いたいことをエッセイのように自由に盛り込むと、集計の際に丸められて、伝わらない危険があります。
  • 世界遺産コアゾーンの中の事業である。
    整備プログラム案は大きな現状変更となり、世界遺産の主旨に照らして不適切。

  • 築地回廊の真実性に疑問がある。
    当時の構造・意匠等の詳細は不明のままである。何百億円もの経費をかけるのに、推定に基づいて建設すべきでない。将来、研究の進展によって確かなことがわかるまで、復原はCG(VR・AR)によるバーチャル再現にとどめるべき。土木と違い、CGならば常に最新の研究成果を反映することができ、内容更新によるリピーターの増加も期待できる。平城宮跡整備と同じく国営飛鳥歴史公園事務所が推進中の「バーチャル飛鳥京プロジェクト」の成果を積極的に応用すべき。

  • 整備によって木簡を毀損する懸念が払拭されていない。
    第一次朝堂院広場等の舗装により、地下に浸透する雨水が減少する。舗装は平城宮跡全体の地下水位を低下させ、未発見の木簡等の埋蔵遺物を毀損する懸念がある。舗装するならば、安全性の根拠と、水位が低下したときの対処手順をあらかじめ具体的に示すべき。

  • 整備プログラム案は景観を損ねる。
    平城宮跡全域から東大寺大仏殿・若草山・春日山等への眺望景観は、奈良市が重点的に保全・活用に取り組む「重点眺望景観」に選定されるほど重要である。高さ8メートルの大極殿院築地回廊はその眺望を大きく遮ってしてしまうので、建設すべきでない。
    また、長岡京遷都後、千年以上にわたって耕作地として使用され、国有化後も半世紀にわたって草地・湿地として維持されてきた平城宮跡は、独特の景観として多くの市民・観光客に愛され、詩歌にも詠まれてきた。特に第一次大極殿前・第一次朝堂院広場の舗装はその歴史的景観を破壊し、平城宮跡の景観価値を損なうので、舗装すべきでない。

  • 周知不足である。
    平城宮跡整備については平成24年11月付で文化庁記念物課矢野和彦課長名の「平城宮跡の保護—国家100年の国民的プロジェクト—」なる文書が公表されているが、奈良市内でも整備計画については具体的にはほとんど知られておらず、「国民的プロジェクト」と称するには程遠い状態である。世界遺産である平城宮跡は、日本国民のみならず将来にわたる世界人類共有の宝であり、整備にあたってはその文化的・歴史的な固有の価値に見合った周知が行われるべきであるところ、まったく不足している。
    整備プログラム案は一旦棚上げとし、じっくりと時間をかけて、価値の本質を検討し、多くの意見を集め、十分な合意形成をはかるべき。着手後に国民の反発を招く整備は行うべきでない。

  • 平城宮跡展示館は建設すべきでない。
    整備プログラム案では現存の平城宮跡資料館との違いが示されておらず、意義が認められない。もし新たに展示館を整備するのであれば、たとえば県営プール跡地に、奈良の通史を展示・体験できる大規模な歴史博物館を建設するなどすべき。

  • 歴史公園としての価値が低下する。
    第一次朝堂院広場の土セメント舗装は、夏場の気温を上昇させ、暑さと照り返しにより快適性・利便性が著しく低下する。冬には寒風をさえぎるものがなく、視覚的にも荒涼とした印象を利用者に与え、不適切である。千年の歴史的景観である草地として維持すべき。
    また大極殿院内広場についても現状のアスファルト舗装を廃し、草地に戻すべき。奈良時代には土セメント舗装もアスファルト舗装も存在せず、復原展示として不適切。

  • 公園計画では近鉄奈良線・みやと通・県道矢田奈良線を公園内から除去することとなっているが、現実的でない。
    近鉄奈良線は平成26年には開通100周年を迎える歴史ある線路である。既に第一次大極殿の三倍以上の存続期間を誇り、平城京及び平城宮そのものの存続期間をも上回っている。近代奈良の発展に大きく寄与した近代化遺産として、車窓からの眺めも含め、尊重し保護すべき歴史的景観である。平成22年に奈良県が実施したアンケートでも、移設に否定的な意見が過半数であった。
    みやと通等の移設の困難さも考慮すると、これらの移設を想定した整備プログラム案は不適切である。移設を前提としない整備プログラム案を検討すべき。

  • 市街地の中に残る自然としての価値評価が不十分。。
    半世紀以上の歳月に育まれた豊かな「半自然」が平城宮跡全域に見られる。特にまとまった自然環境が残るのは平城宮跡資料館東側に広がる池沼部分であり、整備にあたっては特別の配慮を必要とするが、整備プログラム案では適切な評価がなされていない。
    基本構想から35年間での、周辺地域の緑地・耕地の激減を考慮し、市街地の中に残る自然的環境としての歴史と価値を再評価すべき。

  • 生態系の破壊を避けるべき。
    現在進行中の朝堂院広場と調整池の整備工事が、奈良県のレッドデータブックで希少種に指定されているカヤネズミの生息地や、近畿第2の規模のツバメのねぐらを破壊している。これは公園計画の「草地や湿地等の環境を保全」という方針に反しているので、即刻中断し、原状回復を行うべき。
    また、朝堂院広場の土入れを終え、北側の県道に対するバッファーであった高木植栽を大幅に伐採し、調整池の造成を開始した段階で環境モニタリング調査を計画するなど、非合理的な推進手順も不適切。自然的環境の保全を確実に実施できるよう、整備プログラム案を見直すべき。

  • 第一次朝堂院広場の全面的な舗装は不適切。
    「宮の中心軸線の確保」は、公園計画の概要図に描かれている通り、中央部の通路のみ舗装整備することで実現し、補助的に第一次朝堂院再現基壇への通路を整備すべき。
なるほどと思った方、丸パクリでもいいので、ぜひパブコメをお送りください。
国営平城宮跡歴史公園整備プログラム(案)に関する意見募集
画面下のご意見入力フォームから、簡単に送信できます。
[PR]
by hjks | 2013-02-25 22:26 | パブコメ
<< 3月5日 平城宮跡「調整池」工... 平城宮跡パブコメ 景観からの論点 >>